妊娠中の寝苦しさは「シムスの体位」と抱き枕で解消!

妊娠をして、やがてお腹が大きくなり、寝苦しくなってきたなと感じることはありませんか?妊娠して、お腹が大きいと妊娠していない時と違って、寝るのが難しくなります。これは、お腹が大きくなるので、仰向けで寝ると寝苦しくなるんですよね。人によっては息が苦しくなったり、気分が悪くなる人もいるほどです。大きな子宮だと大動脈が圧迫されて結構が悪くなることでそのように感じます。血液が心臓にもどりにくくなってしまうんですよね。妊娠中は、基本は横向き寝るがおすすめではあります。そんな妊娠中の寝方について調べてみたいと思います。

この寝方は大丈夫?妊娠中の寝方の注意点

妊娠中の時期ごとの寝方について見てみましょう!
・妊娠初期
妊娠初期は、胎児もまだとても小さく、羊水にしっかりと守られていてぷかぷかと浮かんでいる状態です。またママの子宮の大きさも大人の握りこぶしくらいなので、仰向けで寝ても圧迫されることはあまりないのです。なので、寝方もさほどきにすることはありません。ご自分が一番気持ちの良いリラックスできる姿勢で寝ることをおすすめします。また、うつぶせ寝が好きというママは、お腹が大きくなってくると、したくても出来なくなりますので、この時期にしておくのもいいかもしれませんよ。また、妊娠初期のうつぶせ寝は赤ちゃんにとっても、ママにとっても良い寝方なんだそうですよ!仰向けは、子宮が重力で下がって言って血流を届きずらくすることもあるそうです。血流が悪くなると胎児へ送り込まれる酸素も少なくなるのです。

・妊娠中期
妊娠中期に入ると、だんだんお腹が目立ち始めるようになってきます。子宮の大きさも大きくなってきて大人の頭より大きいのです。だんだん仰向け寝がつらくなってくるころだと思います。しかしうつぶせ寝もお腹を圧迫するので気になるようになってきます。この頃になると、寝方について悩む人も多くなるでしょう!のちほど詳しく説明しますが、「シムス位」がとても良いと感じるようになってきます。また、お腹が前に出てきますので、腰痛などを感じるままも増えてきます。そんな時は腰にクッションをあてたり、抱き枕を使ったりするのもおすすめです。身体の重みを抱き枕に預けることができリラックスできることでしょう。

・妊娠後期
妊娠後期は、日々の生活も大変になってきて、睡眠も思うようにとれなくなってきます。大きくなった子宮が膀胱を圧迫するので、トイレに行く回数も増えてしまうことでしょう。寝がえりをうつのも一苦労と感じることが多くなり、なかなか熟睡できなくなります。やはりこの時期も、シムス位の寝方がおすすめです。夜眠れなくなってきますので、疲れたら少し昼寝をしたりして調節するようにしましょう。

つらいときはシムスの体位でリラックス

前でもお話しましたが、つらいときには「シムスの体位」がおすすめです!この体位は妊婦さんにとってとても楽な姿勢と言われていて、一度は聞いたことある人もいつかもしれません。体のの左右どちらかを下にして横になり、上になった方の足を軽く曲げて前に出して寝ます。どんな寝方でも寝苦しくて・・なんていうママは一度試してみてください。
もしかしたら寝付きがよくなるかもしれません。

~詳しい方法~
左右のどちらかの楽な方を下にしてうつ伏せ気味に横になります。
下側になった足を少し後ろに下げましょう。
上側になった脚は少し前の方に出して曲げ、下側になった手は背中のほうに回ります。
この時、手は曲げて頭の下においても大丈夫です。
上側の手を前の方に置いたら完成です!
(間違ったやり方をすると、首を痛めることがありますので、正しい姿勢でやって下さいね)

妊婦さんが左側を上にして寝ると、大きくなったお腹で大静脈が圧迫されてしまい、心臓へ向かう血行が悪くなって寝苦しさを感じてしまうのだそうです。 なので、左側を下に、右側が上にくるように寝る方をおすすすめします。左側を上にすると、静脈の側を流れるリンパ管も潰されてしまい、手足などの末梢から戻ってきたリンパ液の流れが阻害されて、むくみや静脈瘤の原因にもなるようです。特にむくみやすい妊婦さんは、左側を下にして寝ましょう! この姿勢が浮腫をやわらげてくれ、老廃物の排泄を促して赤ちゃんに栄養を届きやすくしてくれますよ!

抱き枕で快眠!眠りをサポートする枕の使い方

そして、このシムスの体位を作るのに、心強い味方となってくれるのは、抱き枕でしょう!自分の身長ほどの長いタイプは、産後授乳に使えるタイプと様々なものがあります。しっかりシムスの体位が取れると、眠れない悩みも改善されると思いますので、抱き枕も併用するととても良い快眠を得られることでしょう!

最後に

いかがでしたでしょうか?妊娠中は、出産が近くなればなるほど、寝つきがわるくなったりと睡眠トラブルも起こりやすいものです。妊娠中はなにかとストレスもたまりがちですよね。さらに夜まで寝苦しくなってしまうとつらいものがあります。自分に合った寝方を見つけて快適に眠ることができるのが一番ですね。シムスの体位は、上半身はうつ伏せ、下半身は横向きというイメージがわかりやすいです。最初の慣れないうちはぎこちないと感じることもあるかもしれませんが、血流なども悪くならないように、シムスの体位をする時には、ぜひ右側を上にして行ってみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る