産んだら減るは間違い!妊娠中の体重増加を抑える方法

妊娠中はどうしても食欲が増してしまったり運動不足になったりで、体重がどんどん増えていってしまいます。
出産すれば羊水と赤ちゃんの分で5kg位は減るだろうと思っていたら、それは大きな勘違いです。
出産後に体重計に乗ったら思った程全く減ってないなんて事になるでしょう。
そして産後には産前よりも10kgや20kg太ってしまった、なんていう取り返しのつかないことになってしまいます。
「産後は母乳で育てるから」や、「育児に追われて痩せてしまう」なんていう考えも、意外と期待はずれだったりします。
ではどうしたら産後大変な目に遭わずに済むのか、どうすれば妊娠中の体重の増加を抑える事ができるのか、その方法をいくつかご紹介致します。

「2人分食べなさい」は昔の話

おそらくご自身のご両親やおじいちゃんおばあちゃん達から「2人分食べてしっかり栄養つけるのよ」なんて事を言われているでしょう。
しかしその考えはもう一昔前の話になってしまっているのです。
現在の医療の考え方では、妊娠中は体重を抑えるべきだと考えられています。
体重が増加し過ぎると産道にも贅肉がついてしまい、難産になる可能性が高くなってしまいます。
お医者さんによっては、妊娠前よりも食べる量を減らしなさいと仰られる先生もいます。
ですから食べる量には充分注意が必要です。
まわりからいくら食べろ食べろと言われても、意思を強く持ち、食べ過ぎないように気をつけましょう。
味付けも極力薄味で、醤油のかわりにポン酢を使ったり、砂糖は使わず調理したりしましょう。
外食は高カロリーなので極力避けるべきです。
なるべく自炊をして、量も味も自分で調節しましょう。
間食などのおやつもなしです。
もしどうしても食べたかったら午前中に食べましょう。
そしてスナック菓子は避け、洋菓子ではなく和菓子を中心に甘い物を食べましょう。
妊娠中の食欲を抑えるのは本当に根性のいる事ですが、ここで太ってしまえば産後もっと根性を要するダイエットが必要になってしまいます。
太るのは簡単ですが痩せるのは大変です。
長い年月をかけて痩せる事に根性を出すのではなく、十月十日だけ食べるのを我慢する事に根性を出しましょう。

一に運動、二に運動

妊娠中は体が重く、何をするにも大変です。
ですがそれに甘えてしまってダラダラしていると運動不足になりすぐに体重は増えていってしまいます。
それを避けるためにも極力運動を心がけましょう。
運動といっても激しいスポーツではなく、ゆっくりウォーキングやストレッチをするだけでも充分効果があります。
特に臨月に入ってからは、安産になるためにも運動は重要になってきます。
骨盤を柔らかくするストレッチやスクワットなどは安産になるための前準備です。
予定日を過ぎても生まれる気配がない場合は、お医者さんの方からたくさん歩いたりスクワットをしたりして下さいと言われる場合もあります。
それだけ妊娠中の運動は重要なのです。
体重増加を抑える為だけでなく、安産にするためにもたくさん運動をしましょう。
とはいえ妊婦なのですから無理は禁物です。
すこしでもお腹が張ったり体に異常が出た場合はすぐに中断しましょう。
あくまでも体を第一に考え運動しましょうね。

体重グラフをつける

これはレコーディングダイエットと同じ事ですが、毎日体重を測って記録をつけましょう。
体重増加の上限は人それぞれですが、自分のBMIを計算して、どこまでが自分の体重増加の許容範囲なのかを確認しましょう。
毎日体重計に乗って記録をつけるだけでも、だいぶ意識に影響は出てきます。
意識をしっかりさせ自分の体重に真正面から向き合えば、ある程度の体重コントロールはできるはずです。
これは毎日続ける事が大切なので、面倒くさがらずにしっかり行いましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る