妊娠中に親知らずを抜いていいの?気になる妊婦の歯のケア方法

今まで、特に大きな痛みなどを感じたことがなかったのに、妊娠してから親知らずがうずきはじめたなんていう経験はありませんでしょうか?
激しい痛みがないにしろ、出産までのことを考えると不安もあるし、何で今?と思うことでしょう。
安定した親知らずであっても妊娠中となれば話が違うのです。
妊娠中はつわりの影響などもあって十分な歯磨きが行いなどの理由から、歯が全体的に弱まるのです。
そして、歯科と考えただけで治療ができないのではないか?と思う人も多いと思います。麻酔やお薬レントゲンなど胎児への影響も気になりますよね!では、そんな妊娠中の「親知らず」。妊婦の歯のケアはどうしたらいいのか?を調べてみたいと思います。ぜひ参考にしてください。

歯科の薬が妊婦に与える影響

原則としては、妊娠中の場合はお薬などを処方しない歯科が多いです。しかし、痛みがひどい場合や我慢することが逆にお腹の赤ちゃんに悪い影響を与える可能性がある時などは産婦人科の先生と相談した上で処方されることがあります。お薬は、基本的に胎盤を通過するお薬は避けるようにして妊娠中に飲んでも大丈夫なものが処方されます。きちんと相談し、用法・用量を守って服用すれば問題ありません。
また、麻酔やレントゲンなどを使用することがありますが、もともと歯科で使用されているものは胎児への影響はほとんど心配ないと一般的には言われております。

歯科によって変わる対応の違い

親知らずの対応については、歯科によってもだいぶ違いますので、通っている歯科であらかじめ確認しておくのをおすすめ致します。
・親知らずの抜歯というのは抜歯後、人によって腫れたり痛みが強く出る人もいます。そのような場合は、お薬を長期に飲まなくてはならなくなり
ます。そのため、妊娠中の抜歯は避けた方がよい・・。
・妊娠初期や後期、また安定期であっても状況がよくない場合は、応急処置として洗浄や消毒を行いながら出産まで乗り切る。
・妊娠5か月の安定期に入っていれば、体調しだいで抜歯出来る可能性があるので、慎重に時期を見ながら安定期に入って治療を行う。
など、さまざまです。
親知らずは、斜めに生えていたりすると、ブラッシングでは除去しきれなかったり、周囲の歯や歯肉などを傷つけたり炎症を引き起こしたりすることがあり、歯周病の原因となってしまいます。妊娠前に早めに抜歯しておくことを勧める歯科もあります。

大切なのは妊娠前のケア!

妊娠時は体内のホルモンバランスも崩れたり、十分な歯磨きが出来ずに歯周病にもなりやすくなります。
妊娠の予定があって、親知らずの治療をと少しでも考えている人は、早めの診察とや妊娠前の抜歯がおすすめです。
また、妊娠前に親知らずを抜いておくと、
○虫歯ができにくくなる
○子供への薬の影響を心配しなくてすむ
○出産や子育てに集中することができる(妊娠中はつわりなので間食の回数も増える)
などのメリットもあります。
抜歯しない場合でも、親知らずに虫歯がないかどうか妊娠前に診てもらうなどケアをしておくことがよいでしょう!
そして、妊娠してからも違和感がないから大丈夫と考えずに、安定期に入った段階で一度歯科検診を受けましょう。
妊娠中や出産後の歯科通院は、忙しく時間の中、通院時間が取れないこともしばしばです。後で苦労することを考えて妊娠前の時にしっかりと歯のケアをしておくことが大切です。

最後に

いかができたでしょうか?
妊娠すると口の中を十分にきれいに保つ自浄作用が低下してしまうので、細菌も増えやすい環境にあります。妊娠中はこまめに歯磨きなどを行うことが基本ですね!また、妊娠中の抜歯は、歯科によっても考え方も違います。妊娠の時期なども考えながら十分可能ではありますが、少なからず負担もありますので、妊娠前の健康な時に抜いておくのが一番ベストであり、後悔することがないのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る