妊婦健診はいくらかかる?出産前に行う検診の費用まとめ

妊娠をすると、産婦人科や助産院などで定期的に妊婦健診を受けるようになりますね!初めてのご出産だと、妊婦健診についての疑問がたくさんあると思います。
どのくらいのペースで、いくらぐらいかかるのかなど、具体的にわからないことが多いのではないでしょうか?
妊婦健診とは、妊婦健康診査のことで、つまり妊娠中の定期検診のことです。妊娠がわかってから出産するまでママとおなかの赤ちゃんの健康を守り、妊娠が順調かどうかをチェックするためのものです。妊娠中というのはいろいろな変化が起こりますし、トラブルが隠れていることもあります。きちんと妊婦検診を受けて赤ちゃんの育ちぐらいやご自身の健康状態をチェックしてくださいね。
では、今回は出産までに行う検診の費用について調べてみました。ご参考にしてくださいね。

出産までにかかる妊婦健診の平均総額費用

出産までにかかる妊婦健診の費用も、産院のタイプなどによってもさまざまです。同じ院内でも検診や検査の内容などにより、検診費がかわることもあるからです。だいたい、先輩ママの意見から、出産までのトータルで平均10万前後の費用がかかるようです。
検査も、必須のものを希望によって行うものがあるので、事前にかかっている病院などに確認し必要なお金を準備しておくと安心です。
最近では、母子手帳と一緒に補助券も発行されます。この補助券を使えば費用なかなりカバーができます。
また、場合により医療費控除で還付が受けられるケースもありますので、検診でかかった費用や妊婦健診でかかった交通費などをまとめておくこともポイントです。

意外と高い!1回あたりの平均費用

妊婦健診は、受診する頻度は次の通りです。
妊娠23週(6か月末)まで・・・4週間に1回
妊娠24週~35週(7~9カ月末)・・・2週間に1回
妊娠36週(10カ月)以降出産まで・・・毎週1回
が目安です。
全体で10回~20回ほどで、平均すると14、15回くらいと言われています。
そして、1回あたりの費用ですが、5,000円~15,000円くらいです。意外と高いんです。
妊婦健診は健康保険が適用されないので、基本検査で5000円、血液検査などをあわせると15,000円が目安です。
しかし、さきほどお話したとおり、補助券を利用することで、費用を軽減することができます。

補助券って何?妊婦健診費用が無料になるケース

妊婦健診は、病気治療のための診察ではないため、本来は自費診療であり、全額自己負担するものですが、母子手帳交付の際に、もらう「補助券」というのがあります。公費の補助で妊婦健診をうけることができる助成制度です。
補助を受けられる妊婦健診の回数や金額は自治体によってことなりますが、この補助券を使うと、妊婦健診が8,000円~10,000程度に抑えられたり、内容によっては負担がない時もあります。回数は、妊婦健診14回+超音波検査1回分を助成してくれるところが多いです。
この助成制度については、自治体によって違いますので、里帰り出産などでお住まいの地域以外で妊婦健診を予定していたりする場合などは、きちんと確認した方が良いと思います。
出産費用の軽減にもつながりますので、必ず活用したい制度といえるでしょう!忘れずに母子手帳と一緒に受け取りましょう。

最後に

妊娠は女性にとってとても嬉しいものですよね!喜ばしいことでありながら、病気ではないため、健康保険が適用されません。はじめて妊娠したプレママなどは、実際にどれくらいの自己負担が必要になるか想像できないものです。近い将来妊娠を考えている人にも、費用を正しく理解することは、赤ちゃんを迎える際の心構えのヒントとなることでしょう!
妊婦健診は、母子ともに元気に出産するには欠かせないものです。多くのかかることもありますが、こういった制度をうまく利用しながら、うまく費用を捻出していきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る