妊娠中毒症って何?具体的な症状と発症の原因

妊娠中毒症は、近年では、「妊娠高血圧症候群」と呼ばれています。妊娠中のトラブルの一つで、妊娠20週以降、分娩後12週まで血圧の上昇が見られる場合、
または高血圧に蛋白尿を伴う場合に診断されます。
症状が悪化すると母子ともに大変危険なものです。
このトラブルの発症は、妊娠しているママ20人に1人の割合で起こると言われています。
妊娠32週未満に発症した場合は重症になりやすいので、注意が特に必要です。妊娠32週以降に発症することが多いと言われていますが、32週未満に発症する場合もあり、その場合には重症になりやすいので注意が必要です。
妊娠中の体重管理や薄味でバランスのよい生活、十分な休養を取るなどして予防することもできます。
妊婦の人は誰にでも起こりうるトラブルなので、知識として知っておくといいでしょう。

主な症状

妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の症状で代表的な症状は次の3つです。

〇高血圧
上の血圧が140以上か下の血圧が90を超えた時に高血圧と診断されます。妊娠中はお腹の中にいる赤ちゃんにたくさんの血液を送るために妊娠していない時に比べると血流量が1.5倍ほどに増えます。
ですが、妊娠高血圧症候群の場合は、血管が拡張せずに高血圧を招いて、母子ともに危険な状態になることがあるので要注意です。
妊娠中の血圧管理はとでも大事です。140以上の血圧が続くと入院が必要となり、きちんとした治療を行わないと赤ちゃんに十分な酸素が行きにくくなるので要注意です。
〇むくみ
妊娠中はなにかとむくみやすくなります。特に妊娠後期はむくみやすくなります。軽いむくみは妊婦の約3割に見られますので、夕方足がむくんでいても翌朝元に戻っている程度であれば問題はありません。
逆に一晩寝ても靴下の跡が元に戻らなかったり、顔がパンパンにはれたり、物が握りにくいくらい手がむくんでいたりするときはすぐにお医者様に相談するようにしましょう。
足の「すね」の部分を押さえてチェックするのが一番わかりやすいです。
〇尿タンパク
尿タンパクの検査値が、30mg/dl以上および200mg/dl未満の蛋白が検出された場合に診断されます。また200mg/dl以上の蛋白が検出された場合は重症の妊娠高血圧症候群と診断されます。
尿は、腎臓が血液から必要な成分をこしとって、体にとって不要となった分を排泄したもので、普段は、タンパク質がもれてでてくることはないのです。ですので、タンパクを含んだ尿が出るのは、腎臓の働きが弱っているということになるのです。

こういったわずかな症状を見逃さないために、妊婦検診では、毎回血圧と尿検査を行っているんですね!
また、体重を増やしすぎたり、糖尿病を合併していたりするとリスクになりますので、体重と尿糖も一緒にチェックしているのです。体重は、自宅でも週に1~2回は必ず測るようにするといいですよ。1週間で500グラム以上増えていたら増やし過ぎです。食事の内容などを見直してみましょう。

妊娠中毒症を引き起こす原因

妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の原因ははっきりとわかっていません。しかし、もともと高血圧の人や家族に高血圧の人がいたり、年齢の高い人などはリスクが高いと言われています。
また、前回の妊娠で妊娠中毒症になった人も、こうした体質を持っているということで妊娠初期から注意したほうがいいかもしれません。

〇妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)になりやすい人は次のような人です。
・初産が高齢(35歳以上)の人
・多胎(双子や三つ子)の人
・お仕事が忙しい人やストレスが多い人
・高血圧・糖尿病・腎臓の病気がある人
・過去に妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)になったことがある人
・肥満の人や、妊娠期間中体重増加の激しい人

最後に

妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)は日常生活に気を配っていれば、予防は可能です。妊娠そのものが原因となりますから、取り除くわけにはいきません。しかし、妊娠によってかかる負担を少しでも軽くすることが大事です。体重を増やしすぎないように食事内容に気をつけたり、適度な運動などを行うことはできますね!
「塩分を控える」「低カロリー」「高タンパク」は予防の三大鉄則ですよ!適度な運動は疲労を取り除き、ストレスを軽減するこうかもありますので、楽しくリフレッシュしてください。また、休養と睡眠も大事ですよ。
もし、妊娠中毒症(妊娠高血圧症候群)の疑いが出てしまったら、無理はせずに安静に生活することが一番大切です。不安なことはお医者様にこまめに相談しながら生活すると不安が残らずに生活できるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る