長く使える母子手帳ケースを選ぶ3つのポイント

赤ちゃんの健康を記録する大切な母子健康手帳。
妊娠中の経過から赤ちゃんが6歳になるまでを記録する宝物といってもいいでしょう!
妊娠中には、検診などで母子健康手帳は必ず使用し、そのほかにも診察券や保険証などを携帯します。
更には、赤ちゃんが産まれたら、子供の診察券や保険証、乳児医療証と妊婦だった頃の2倍以上の物を一度に持ち歩くこととなるでしょう。
そんな携帯しておきたい大切なものを母子手帳ケースでは、一度に収納・管理することができます。
最近では、お値段が安くてデザインのかわいいものだったり、機能性抜群!などさまざまなものが登場しています。
たくさんありすぎて迷ってしまう。母子手帳ケース選びに迷ったら、ぜひ参考にして見てください。

1.交付される母子手帳のサイズよりも少し大きめなものを選ぶこと

母子健康手帳は、自治体によって大きさに違いがありますので、ケースを選ぶときは、
母子健康手帳がきちんと入るサイズであるかどうか確認しなければなりません。
そして、あまりにピッタリすぎてしまうと、出し入れをするときにひっかかってしまったりするので、
少し大きめサイズがおすすめです。

2.汚れにくい素材を選ぶこと

長いしだ使うものだから、なるべく汚れから守りたいですよね。撥水する素材などが良いでしょう!
汚れてもすぐに拭き取れますし、ジュースやお茶をこぼしてしまっても少しくらいなら中身が汚れずにすみますね。

3.使い慣れているタイプのものを選ぶこと

長く使うものなので、以前使って使いやすかったなど。使い慣れているタイプはいいですよね。
縫製などもしっかりと上手に作られていると安心です。

オススメのサイズ

一般的に母子手帳のサイズは、「11センチ×15センチ」・「13センチ×18センチ」・「15センチ×21センチ」
の三つに分かれます。多くの自治体は「11センチ×15センチ」の大きさが多く、その他の
サイズは、一部の県や自治体だけの様です。
ですので、母子健康手帳は、自治体によって大きさが違うので、自分の母子健康手帳のサイズが
きちんと入るかどうかを確認するのが良いと思います。
あとは、一緒に携帯するものが多い場合は、ポケットが多かったり、少し大きめのサイズを選びましょう。
また、お仕事をしているママなどは、必要最小限を持ち歩きたい事もあるでしょう。
その場合は、小さめの「11センチ×15センチ」などでコンパクトにするといいですね。

オススメの素材

母子手帳ケースは、子供が小学校へ入学するまでの長期間に渡って使用するため、自分の好みや生活スタイルに合わせた
素材を選ぶことが大切です。

○ビニールやナイロン素材
汚れが気になる方は、ビニールやナイロン素材のものを選ぶといいですね!汚れも少しならさっと拭き取ることができます。

○コットン素材
ビニール素材などに比べると汚れ安かもしれません。しかし、ふわふわの肌触りで気持ちがよく人気もあります。
オーガニックコットンなどで作られていると赤ちゃんが触っても安心ですね。

○皮
皮は、どんな物でもですが、長く使い続けることで味が出るものです。他の素材に比べると値段が高いですが、
その分、愛着がわくってものです。

オススメのタイプ

母子手帳ケースには、形もさまざまあり、ジャバラタイプ・ブックケースタイプ(ファスナータイプ)、クラッチタイプ
などがあります。

近年は、ジャバラタイプが人気のようです。
収納力が抜群であり、種類も豊富です。
赤ちゃんが泣いてしまったり、腕に子供を抱えながらだと、片手で開け閉めをしなければなりませんよね。
そんな時に、何がどこに入っているか一目瞭然なので、焦らずに必要なものをすぐ取り出すことができますね。
出し入れのしやすさはもちろんですが、一時的に詰め込んで収納することができるので、
外出先でささっとしまって後でゆっくり整理することができます。
しかも中身が他の人から見られることがないので安心です。
そんなところが、人気の秘密なのではないかな?と思います。

ブックケースタイプ(ファスナータイプ)は、コの字型に配されたファスナーを下げて、
本を開くように広げるタイプです。
母子手帳ケースの中では、一番主流はデザインです。
見開きで全体が見渡せるため、使っていても管理しやすいです。
たくさん入れて厚みが出てもファスナーで閉めるので意外とたくさん入ります。

クラッチタイプは、マチがたっぷりとついているので、大きなタイプの母子手帳がすっぽりと入ります。
一人分だけでなく、家族分の診察券や保険証、お薬手帳なども入り、収納力バッチリです。

自分が使いやすいタイプを選ぶのが一番ですね!

まとめ

母子手帳ケースは、うまく使いこなせばとても便利なツールです。
選び方は、サイズやタイプ、素材などと同じくらいデザインも大切ですよね。
せっかく買うならば長く使える素敵なものを選びたいものです。
一度、こだわりポイントなどを考えてみるといいでしょう!愛着の湧く素敵な母子手帳ケースが見つかることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る