産後の体型戻しにオススメの骨盤ケア術

産後のセルフケアってみなさんどうしていますか?骨盤ケアは、出産を控えたママさんは考えている方も多いと思います。
妊娠中に広がった骨盤は、産後3~4ヶ月ほどかけて、少しづつ左右交互に縮みながら、元の状態へと戻るのです。
妊娠中の体のバランスなども大いに関係があり、崩れていると、正常な位置に戻りづらいんです。
ゆるんだ骨盤をそのまま放置しておくと、腰痛や冷えなどのトラブル、産後太りの原因にもなって
しまうのです。骨盤の広がりに合わせて、脂肪がついていき、足もどんどん太くなっていってしまうのです。
一昔前は、産後すぐにガードルなどをつけて骨盤をしめても良いと言われてきましたが、実は、産後すぐにつけてしまうと、子宮や膀胱を下に下げて、骨盤底の筋肉や靭帯などに負担がかかってしまいます。
産後1ヶ月は悪露が出るなど、産後の影響も残っていますから、焦らずに安静にしましょう。
最初の3ヶ月は特に体が戻りやすい時期でもあります。1ヶ月検診が終わった頃から、下半身を意識するだけでも、骨盤ケアになります。
骨盤ケアは、苦しくない程度がベストです!
そして、自分自身の筋力で支えてあげるようになることが大事でもあります。
ですので、下腹部の内側にある骨盤の動きを左右するインナーマッスルを鍛えてあげるだけでもずいぶん違うでしょう。

骨盤ベルトは使うべき?

では、よく産後のママからよく話を聞く、骨盤ベルトは使うべきなのでしょうか?
最近では、さまざまなケア用品が出ていますが、むやみに締め付きすぎないこのが大事なポイントです。楽に動いたりしゃがんだりできる程度の余裕があり、支えてあげるイメージだといいですね!締め付きすぎて無理していると、骨盤のゆがみが余計に進んでしまったり、尿モレなどの原因にもなりかねないのです。
有名なものだと、「トコちゃんベルト」などがありますが、これは出血が落ち着いたころから使えるアイテムです。
骨盤ベルトは、骨盤の下半分の部分に巻くことで、緩んでいる骨盤を支えて、余計な歪みを起こさせずに骨盤を正常な位置へと整えるのです。骨盤を正しい位置に導く程度のサポート力で十分です。
骨盤が緩んでいるといっても、実際は骨などが曲がっているわけではないのです。
アンバランスなどによって、骨盤が正しい位置に収まっていないのです。
なので、骨盤ベルトなどで一時的に骨盤を元の位置に戻しても、その周りの筋肉のバランスが取れていないと、まだ歪んだ状態に戻ってしまいます。
そのような事態を防ぐためにも、骨盤の周りを支えてくれるインナーマッスルを鍛える事も大事となってくるのです。
骨盤ベルトなどを巻いた状態で、腰・股関節周りを動かしたりして、バランスを整えましょう。

産後は忙しくて、自分の時間をとるのは難しいですが、家事の合間などに少しづつ続けてみるのもおすすめです。
産後6ヶ月たつと、骨盤は閉じた状態になります。一度閉じてしまうと矯正するのが難しくなります。
産後、女性の靭帯はとても柔らかくて、特に産後4ヶ月までは、歪んだ骨盤を矯正しやすい時期なのでチャンスでもあります。

さいごに

産後すぐの、横座りや椅子での足組み、猫背などもからだを歪める原因の一つになってしまい、
骨盤は正常な位置に戻らなくなってしまいます。
骨盤は体の軸となる大切な器官でもあります。産後という機会に歪みを治すことで、腰痛などの他の症状の
改善につながる事もあります。
普段から姿勢を気にして骨盤がゆがまないように心がけてみたりすると、姿勢もきれいになりますので、
自然と立ち振る舞いも美しく見えて、一石二鳥ですね。
意識や行動を少し変えて、骨盤ケアとあわせて行い産後ダイエットをうまく取り入れてみましょう。
体のメンテナンスを実践して、心のリフレッシュもかねてみませんか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る