マタニティヨーガで確実に陣痛の恐怖を乗り越えられる方法

初めての出産でいちばん恐怖だったのは、「陣痛に耐えられるのだろうか?」ということでした。そのため、初産の時に少しマタニティスイミングを習いました。そして二人目の妊娠時にはマタニティヨーガを習いました。
陣痛の時に必要なのは、繰り返しやってくる痛みに対して、身体を固めて立ち向かうのではなく、できるだけ身体全てから力を抜いて痛みを流してやる感覚だったのです。この「痛みを流す」という感じは、日常生活しているとまず体験できないことなので、マタニティスイミングやマタニティヨーガを習うことに意義があるんだなあと思います。
私にとっては、それはヨガの方がわかりやすかったです。また、ヨガですと毎日家で練習することができたのもとてもよかったのです。

マタニティヨーガでやること

「ヨーガ」にどんなイメージをお持ちでしょうか?修行?悟り?すごいポーズ?
そういう面もあるようですが、多くの方はきっと心と身体の健康のためになさっていると思います。私も妊娠するずっと以前に少しヨガをしていましたが、身体と心を呼吸で繋いでくれるものなんだ!と理解していました。

そんなヨーガを、敢えて妊娠時期にやる意味は以下の通り。

・妊娠中の身体のトラブルに対応

・お産に向けた身体づくり

お腹がどんどん大きくなり重くなるとバランスが変わり、腰痛を始めとした身体のトラブルに見舞われることも少なくないですね。心の方も、今まで普通にできていたことができなくなったりしてブルーになってしまう方も少なくないと思います。実は、ヨーガを日々おこなうことで、気持ちよく伸ばしたり、適度に無理なくエクササイズしたりすることができるのです。また、ヨーガの深い呼吸によって心も穏やかになります。
マタニティヨーガ教室に通えば妊婦さん仲間ができる機会も増えます。周りに聞けない、言えない、「些細だけど自分には大事なこと」を妊婦さんどおしで話せるのはとても幸せでした。身体も心もリフレッシュ!私はぎりぎりまで仕事をしていたので、産休に入るまでは月1回マタニティヨーガ教室に通いたくて午後半休したりしていました。

さて、陣痛対策。
ヨーガでポーズをとっていく時は必ず呼吸と共に行います。そしていったんポーズができたらさらに呼吸を深くしてもう少しだけポーズを進ませます。例えばひねるポーズなら、ポーズを作った後もう1~2回深い呼吸を繰り返しながらもう少しひねる。この「もう少し」がちょいと痛い時があります。あんまり痛いのは良くないので戻すのですが、この「ちょい痛」が大事で、これを深い呼吸で流してやるのです。痛みに対して身体を固くして「立ち向かって」しまうのではなく、呼吸を使ってひたすら身体の力を抜いて「流して」いくことが、そのまま陣痛時の「コツ」になってきます。

マタニティヨーガの陣痛での効果

月1回マタニティヨーガ教室に通い、頂いたCDと資料を見ながら家でもやった私の2人目出産。なんと、産科入院後ほぼ2時間で出産しました!
ちなみに一人目は破水が始まりでそこから24時間の戦い(しかも吸引分娩)でした。全然力を抜けなかったし、「力抜きなさい」と教えてくれる助産婦さんもそばにいなかったつらい出産でした。
その2時間、考えていたのは「抜ける力は全て抜く」「出るものは何でも出す」でした。声も涙も、汚いですがお小水もお通じも、全部出してしまえ!
その結果、なんとも言えない、幸せな感覚がありました。あの幸せ感がしっかり感じられた人が、4人とか5人とか、たくさん子どもを産むんだろうなあ…と思いました。

まとめ

いかがだったでしょうか?
陣痛に対しての恐怖、薄まりましたか?
私の妊娠していたころに比べると、マタニティヨーガ教室がとても増えているように思います。ぜひ、体験してみて頂きたいなあと思います。ヨーガを使って自分の身体と心と、さらにお腹のベビーちゃんまで一体化する感覚は、なんとも形容しがたい充実感があります。
また、「深い呼吸で力を抜いて痛みを流していく」技術は、その後の子育てでもとても役に立ちます。私は未だにマタニティヨーガやってよかった!と思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る