子供の病院は何科に行くべき?小児科と専門科の使い分け方

お子さんの身体に不調が出た時に悩むこと、それは『どこの病院にかかればよいか?』ということではありませんか?

一口に病院といっても、小児科を始め、眼科、皮膚科、耳鼻科など、その専門病院はたくさんあり、様々な症状が出た時にどこまで小児科で診てもらえばいいのか悩むお母さんも多いことでしょう。

その病状によって、上手に小児科と専門病院とを通い分ける目安を知っていると便利ですよね。

大きな目安としては、『熱があるか、ないか』というものがあります。

ここでは、『子供の病院はどこへ行けばいいのか、小児科へ行くべきか専門病院へ行くべきかの判断の目安』についてお話しします。

小児科と専門病院のそれぞれの役割もまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

新生児期・発熱は小児科へ

小児科は、子供が患った病気の見極めや、子供の風邪など、子供の不調を診るエキスパートです。

また、治療のほかに、乳児検診や予防接種、先天性の疾患(生まれつきの病気など)の治療も行っています。

新生児期の赤ちゃんの成長のスピードはとても速いものです。その成長の中で、小さなサインから病気を見つけることができるプロが小児科なのです。

こういったことから、小児科へかかるべきときは、次の通りになります。

  • 新生児期の赤ちゃんの異変
  • 風邪の症状(発熱・咳・鼻水・喉の痛み・嘔吐・下痢など)
  • 乳児検診
  • 予防接種

赤ちゃんの治療は、ほとんどが小児科や、総合病院となります。それだけ、治療は繊細なものになるということですね。

子供の風邪症状も小児科にかかるとよいでしょう。大人にはない子供のサインに気付けるのが小児科です。

専門病院へかかるタイミング

専門病院へかかるタイミングは、次の通りです。

  • 小児科の治療で治らない、または症状が悪化している
  • 生後半年以降で、発熱がなく専門病院へかかると判断される場合

基本的には、まず小児科へかかるとよいでしょう。特に、『新生児~生後半年まで』の赤ちゃんの異変は、必ず小児科にかかりましょう。
小児科の治療を受けても症状が良くならない場合、または症状が悪くなっていく場合には、専門病院へかかることをおすすめいたします。

ただ、お仕事をしているお母さんなど、なかなか時間が取れない場合には、最初から専門病院へかかっても良いでしょう。

専門病院へかかるときに注意してほしいことは、『生後半年が経過していること』そして、『発熱がない』ということです。忘れないでくださいね!

それでは、さっそく専門病院の役割を見てみましょう。

皮膚科

皮膚科は、皮膚トラブルのエキスパートです。

普通では見分けがつかない、皮膚トラブルの判断をします。

子供で多いのは、乳児湿疹・蕁麻疹・あせもなどのトラブルですが、それぞれに塗布する薬は全くの別物です。

症状に合わせた治療をピンポイントでしてもらえます。合わない薬を塗布すると、急激に悪化する場合があるので、皮膚の異常は皮膚科が最適です。

また、幼児期の水ぼうそうも早期発見ができます。幼稚園、保育園などで流行したときなど、水ぼうそうの初期症状で判断がつかず、悪化してしまうケースもよくききます。

筆者の息子は、3粒の発疹の状態で皮膚科で水ぼうそうと診断してもらえました。早期治療のため、発疹が全身に広がらず済んだ経験があります。

そういったことでも、皮膚のことは皮膚科ということをおススメしたいです。

耳鼻科・耳鼻咽喉科

耳や鼻、咽喉科では、喉のエキスパートです。

子供は、体のつくりから、耳や鼻のトラブルがとても多いです。鼻水、鼻づまりから中耳炎など、季節の変わり目などは特に不調が出ますよね。症状が軽いうちに治療したいところでしょう。そういった場合には、耳鼻科・耳鼻咽喉科へかかると良いでしょう。

また耳鼻科では、耳・鼻のトラブル治療のほかに、耳の掃除や鼻水の吸引なども行っています。

赤ちゃんの耳はとても小さいので、耳鼻科・耳鼻咽喉科での専用器具でケアしてもらうとよいでしょう。

他にも、無呼吸を心配するお母さん、耳鼻科が専門なので、相談してみるとよいでしょう。

眼科

赤ちゃんの目のトラブルで多いのは、結膜炎や、逆さまつげ、涙の流れる管が詰まってしまう『鼻涙管閉塞(びるいかんへいそく)』があげられますが、全て眼科での治療が必要です。

大量の目やにや、目をこする、光を眩しがるなどの症状が見られた場合、眼科にかかると良いでしょう。

目のトラブルは視力にも影響しますので、おかしいなと感じたらすぐに受診しましょうね。

そして、1歳前後までに多いのが、鼻涙管閉塞です。筆者の息子は2才半で発症しましたが、だいたいは1歳前後にかかるとされています。

涙の流れる管が詰まってしまい、涙が流れず、目ヤニとしてでてしまうものです。目ヤニが多いときには注意して観察してみてくださいね。

 

ここでは、子供が受信することの多い、皮膚科・耳鼻科・眼科を専門病院としてご紹介しましたが、他にも様々な専門病院があり、専門の治療を受けることができます。

症状に合わせて、小児科か、専門病院かを判断していきたいですね。

専門病院にかかるポイントは2つですよ。『生後半年をこえているか』『熱はないか』この2つを覚えておいてください。

地域の病院にかかっておこう

小児科はもちろんですが、皮膚科・耳鼻科・眼科なども合わせて、地域の病院にかかっておくことはとても大切なことです。

子供は急に不調を訴えるものです。特に、子供の不調は、夕方から夜にかけてが多いものですよね。

その時、曜日によっては、小児科が午前診療日だったり、休みだったりすることもあります。そんなときに、症状をみて専門病院にかかることができますよね。

さらに緊急時の時に、カルテがあるかないかでも、診察のスムーズさが変わってきます。緊急時にすぐ見てもらえたり、薬の量(日数分)を調節してくれることがあります。病院から遠い場合や仕事をしている場合など薬を多めにもらっておくことができるとお母さんの負担も軽減されますよね。

子供が小さいうちは、医療費を国で負担してくれるているので、症状が悪化する前に、また気になることがあった時に、かかれる病院を見つけておくことも必要です。

注意すること

小児科も専門病院も、症状が改善されない時には違う病院へ行きましょう。

例えば、小児科の治療がうまくいかない時には専門病院へ、専門病院の治療がうまくいかないときは小児科へ通うことも大切です。

病院との信頼関係を作ろう

子供の不調でかかる病院は長い付き合いになることが多いです。

子供の不調をしっかり観察し、医師に伝え、小さいことでも相談できる間柄を作ることが大切です。

どんな小さなことでも気になることは医師に相談してみましょう。医師から『大丈夫だ』と言われると、とっても安心しますよね。

他にも、『例えば、こういった病気があるから、こういう点に気をつけて観察してください』など、医師の目線で必要な観察場所を教えてくれることがあります。

こういう風に、医師のアドバイスや知識、指示を受けて、子供の不調を気付けるようになっていきましょう。

病院との関係を大切にして付き合っていきましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る