戌の日の安産祈願ってどんな行事?日付の計算とお祝いの仕方

「戌の日のお祝いをしなきゃね」ご実家のお母さんに言われたことはありませんか?初めての妊婦さんは特に「戌の日って何?」と思うのではないでしょうか。筆者も初めての妊娠のときに思いました。でも、安心してくださいね。今までに戌の日のお祝いをしてきた方々の中でも戌の日が何か、どんな日なのかを詳しく知らない人、結構いるのです。

戌の日は、昔から受け継がれているお祝い行事なんです。先々代よりずっと前から「元気な赤ちゃんを産んでほしい」「安産しますように」という思いを込めて祝われてきたこの「戌の日」を妊娠した機会に詳しく知ってみませんか?これから生まれてくる赤ちゃんが父となり、母となる日にお祝いできるよう昔からの温かい思いが込められた「戌の日」を詳しくまとめました。

今日は、戌の日にどういった想いが込められているのか、戌の日がいつなのか計算方法からお祝いの仕方までお伝えしたいと思います。

戌(いぬ)の日って何?

戌の日は妊娠5ヶ月目に行う帯祝いのことです。安産を願って行う安産祈願行事の1つで、妊娠5ヶ月目の戌の日にあわせて、腹帯をつけるお祝いをします。

なぜ戌なの?

戌は干支の1つ、11番目にあたる犬を表しています。犬は安産が多く、そこになぞらえて安産祈願をするイベントなんです。

※干支の順  子(ね:ねずみ)丑(うし)寅(とら)卯(う:うさぎ)辰(たつ)巳(み:へび)午(うま)未(ひつじ)申(さる)酉(とり)戌(いぬ)亥(い:いのしし)

妊婦さんの戌の日

妊婦さんが祝う戌の日の安産祈願は、妊娠5ヶ月に入ったあとの戌の日を指します。干支12支は年数で数えることが一般的ですが、実は1日1日に干支が振り分けられいているのです。

干支が細かくのっているカレンダーもありますので確認してみてくださいね。

1日1日に干支が振り分けられているということは、戌の日が12日に1回くるということになります。詳しい計算方法は後述いたしますが、妊娠5ヶ月の中で戌の日は2~3回くるということになります。この妊娠5ヶ月の中で戌があたる日に安産祈願のお祝いをすることになるんですね。

医学的にもおススメな理由

実は戌の日のお祝いとされる5ヶ月目の戌の日は、医学的にもよいとされた日時なんです。妊娠5ヶ月といえば、ちょうどつわりが治まり、安定期を過ぎた頃でお祝いに出かけるのもちょうどよい時期であり、なおかつ、お祝いの品である「腹帯」は、妊娠生活を送る上で大切な役割を果たせるんです。その役割とは、妊婦さんのお腹を冷やさない効果と腹帯による圧力がちょうど良く体の負担を軽減させ腰痛予防にもなるんです。

お医者さんからよしとされるとなおのこと戌の日のお祝い、しなければならないように感じませんか?

では、さっそく戌の日のお祝いに向けて準備をしましょう。

戌の日を計算してみよう

さて、妊娠5ヶ月の戌の日に安産祈願をすることはわかりましたが、「妊娠5ヶ月の戌の日」って一体何時なんでしょうか。計算方法をご紹介いたします。

最近は、インターネットに日付を入力したら自動で調べてくれるサイトが増えました。そこで計算するのもよいですが、自分で計算できるほうがなんと言うかかっこいいですよね。

自分で計算する方法は次の通りです。

必要な情報

  1. 日にち単位の干支がわかるもの(インターネットや干支の入ったカレンダーなど)
  2. 最終月経か出産予定日

ではさっそく調べてみましょう。次の2つの方法のどちらかを試してみてください。

<1.最終月経から数える方法>

最終月経から16週後が妊娠5ヶ月に当たります。この、最終月経から16週後の5ヶ月の日以降で戌の日を探します。

<2.出産予定日から数える方法>

出産予定日より24週さかのぼると妊娠5ヶ月に当たります。この出産予定日の24週さかのぼった5ヶ月の日以降で戌の日を探します。

<戌の日の探し方>

干支の入ったカレンダーもしくはインターネット上で干支いりカレンダーがありますので、そこで戌の日がいつなのかを調べましょう。

戌の日をお祝いしよう

さて、ご自身の「戌の日」がわかったところで、戌の日のお祝いをしましょう。

最近は、戌の日に腹帯をプレゼントするなど、様式が慣用化されていますが、ここでは、昔ながらの戌の日のお祝い方法をご紹介します。

神社やお寺で参拝をするのが昔からの戌の日のお祝いです。

<神社・お寺での流れ>

  1. お清めをする
  2. 祈祷を申し込み、初穂料を納めます
  3. お祓いを受けます
  4. 祝詞をききます
  5. 2拝・2拍手・1拝します
  6. 授与品(腹帯など)を受け取ります

このように少しなれないことをするわけですが、神主さんや住職さんがその都度指示してくれますので安心してくださいね。

他にはどのような点を注意したほうがよいのでしょうか。さっそくみてみましょう。

  • お参りのときの服装
  • 初穂料の相場
  • 腹帯の持参は可能か

お参りのときの服装

神社やお寺なだけあって服装を迷う人もいるかもしれませんね。でも、妊婦さんなので、体に無理をかけないような普段着で十分です。

祈祷の時間は15分程度で終わることが多いのですが、待ち時間が長くなる場合もあるので、あまり体を締め付けず、季節に合わせ冷えすぎないような対策をとることをおススメします。

私服でOKといっても、神社やお寺なので、あまり派手な服装や崩れすぎた格好は控えましょうね。

初穂料の相場

お参りするときに支払うお金のことを初穂料(はつほりょう)といいますが、一般的な相場はどのくらいなのでしょうか。

神社やお寺によって〇〇円~と書いてあるところもありますので、直接確認してみるのが1番よいでしょう。お金のことだけに直接聞きにくいときには電話で予約するときなどに「初穂料はおいくらぐらいが一般的ですか?」ときいてみるのもよいですね。

一般的には5000円~10000円程度は用意しておいたほうがよいでしょう。

初穂料は、のし袋に入れて表に名前をしっかりかきましょう。会場で金額を確認する場合には、表書きをした封をしていない状態ののし袋を用意するとよいでしょう。

<腹帯の持参は可能か>

ご実家のお母さんやお友達から腹帯をプレゼントされることもありますよね。その場合に、もらった腹帯、または自分で用意した腹帯を持参してもっていくことができます。

ただ、ガードルタイプなど特殊な腹帯はお祓いしてもらえないこともあるようなので、事前に確認しておくとよいでしょう。

 

このように神社やお寺で安産祈願をすると、安心感がでますよね。近年は色々なことが簡略化されてきていますが、昔ながらのお祝いも大切にしたいものです。

あくまで目安!軽い気持ちでお祝いしましょう

初めて妊娠した方はもちろん2度目3度目の妊娠でも、「元気な子供が生まれいてほしい」という気持ちは一緒ですよね。

安産型の犬にかけて戌の日にお祝いをするのはとても感慨深いと思います。

戌の日に縛られすぎて体調が悪いのに無理してしまったり、仏滅と重なって悩んでしまったりといった妊婦さんの話も聞きますが、戌の日はあくまで目安です。

妊娠5ヶ月、安定期をすぎたよいタイミングでのお祝いと考えるのが1番ですよね。自分の体調を優先して安産祈願のイベントをたのしんでくださいね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る