妊娠中の肌荒れ対策はこれ!スキンケアのポイント3つ

妊娠中の肌トラブルってイヤですよね。妊娠前には簡単なお手入れで十分だったのに、妊娠したとたん肌荒れが加速していくんです。

この肌荒れってどう対応したらよいのでしょうか。専用オイルや高い保湿剤を使わずに対処できないのでしょうか。

大丈夫!妊娠中の肌荒れは、しっかりメンテナンスをすればほとんどが改善されるんです。

今回は、お金をかける前にためしてみたいスキンケアを3つのポイントにまとめてお話いたします。

スキンケアの効果を高めるために、肌荒れの原因からしっかりみていきましょうね。

肌荒れってどんなこと?

妊娠中は、プロゲステレンという妊娠ホルモンが多く分泌されます。このホルモンが増えることにより、ホルモンバランスが崩れやすくお肌が荒れてしまう原因になるんです。

ただ、プロゲステレンは妊娠初期に多く分泌されるので、この妊娠ホルモンの影響を強く受けるのは妊娠初期までと考えたほうがよさそうです。

他に肌が荒れる原因としては、妊娠したことによって免疫力がさがってしまう傾向にあります。このことによって、今までは平気だったことにも肌がまけてしまって肌荒れを起こしてしまうことになるんです。

つまり妊娠中はずっと注意しなければならない、油断できないということになります。

一口に肌荒れと言っても、いろんな症状がありますよね。肌荒れにはどんな症状があって、それぞれがどんな原因によるものかをみていきましょう。

  1. ニキビ・吹き出物
  2. シミ
  3. 乾燥
  4. 妊娠線
  5. かゆみ

妊娠前に肌が弱い人などは、妊娠によってさらに症状が悪化するケースが考えられます。もともと肌トラブルで悩むことが多い人は特にスキンケアに力をいれましょうね。

ニキビ・吹き出物

顔・頭などに多くできるニキビ・吹き出物ですが、このニキビ・吹き出物の原因は主に皮脂が多く分泌されたことにあるんです。皮脂が多く分泌されたことで、毛穴に皮脂がつまり、ニキビ・吹き出物を発症します。妊娠中はホルモンの過剰分泌のせいで皮脂が多くつくられてしまいますからニキビ・吹き出物に悩まされやすい環境になっています。

シミ

シミは皮膚内で作られるメラニンという色素が沈着したものなんです。これも妊娠中の皮脂を多く作り出す環境が大きく影響しています。

乾燥

乾燥による乾燥肌は水分不足が原因となっています。妊娠中はお腹の赤ちゃんに多くの栄養を運びます。この栄養、実は血液で運んでいるのです。この血液の循環には、多くの水分が必要とされます。なので、妊娠前と変わらない生活をおくっている場合には、水分がたりなくなってしまうのです。また、胎盤にも水分が必要ですから余計に水分不足になってしまいます。

意識して水分をとる工夫をしなければなりませんね。

妊娠線

妊娠線は上記の乾燥に似た部分がありますが、やはり、水分不足と保湿不足が大きな原因になっています。妊娠線は急激にお腹が大きくなる妊娠中期からみられ、急激に皮膚が引っ張られたことによる皮膚の断裂なんです。妊娠線は一度できてしまうと完全に消すことはむずかしいので、日々の水分補給・保湿のほかに急激な体重増加をしないよう、体重管理も必要になってきます。

かゆみ

かゆみの主な原因は乾燥によるものです。かゆみが出る人は慢性的に乾燥肌を抱えている人が多く、乾燥しやすい体質になっていることが多いです。

体の水分が外に行かないようバリアをする油分が失われていることが多いので、体を洗うときなど期をつけなければいけません。

おススメ3つのスキンケア

おススメしたいスキンケアを方法別に次の3つに分けてみました。

この3つのそれぞれ具体例をあげてみたので参考にしてみてくださいね。

  1. 直接ケア
  2. 体調管理
  3. 食事の見直し

なんのことやら?な3つかもしれませんね。ではさっそく詳しく見ていきましょう。

直接ケア

直接ケアとは、肌に直接スキンケアをして肌トラブルを防ぐ手助けをすることです。

具体例は次の通りです。

  • 保湿
  • 日焼け防止
  • 清潔
  • 低刺激

<保湿>

肌全体を保湿しましょう。保湿にはオイルや保湿クリームを使うとよいでしょう。

オイルを皮膚にしっかりもみこんで、皮膚に浸透しやすい環境を作り上げます。その後、保湿クリームなどを丁寧に重ねることで肌の奥まで浸透します。

この方法は、お風呂上がりに最も効果が高いとされていますが、妊娠中は保湿を念入りにしたほうがよいので朝とお風呂上がりなど2~3度ぬってもよいでしょう。

保湿が必要な症状・・・ニキビ・吹き出物、シミ、乾燥、妊娠線、かゆみ

<日焼け防止>

日焼けをしたときの色素沈着を防ぐために、日焼けの防止をしましょう。帽子や日傘はもちろん、夏でも薄手の長袖やショール、冬でも油断せずに日焼けをしない工夫をしましょう。

肌トラブルが多い妊娠中は日焼け止めにかぶれてしまうこともあるので、日焼け止めを使う際には低刺激なもの、あとは服装や小物で対策をとるとよいでしょう。

日焼け防止が必要な症状・・・シミ、かゆみ

<清潔>

肌トラブルが起きた部位を清潔に保ちましょう。少しの肌トラブルでも雑菌などがつけば炎症を起こしやすいものです。肌トラブルがあった場合には、適度に洗い清潔にしておきましょう。ただ、洗いすぎは禁物ですよ。洗いすぎは必要な油分を落としてしまいますからね。

清潔が必要な症状・・・ニキビ・吹き出物、乾燥

<低刺激>

肌トラブルが起きている場合のボディソープは低刺激のものを選びましょう。1番おススメなのは石けんです。石けんをよく泡立てて泡を使って洗うとよいでしょう。

体を洗うスポンジやタオルは近年様々な種類が出ていますが、やっぱり刺激が強いんです。手のひらに泡をのせ、泡で洗うようにしたほうが肌トラブルの悪化をふせぐことができます。

体調管理

体調管理とは字のごとく体調を管理して、肌トラブルが起きない体を作ることです。体調管理の具体例は次の通りです。

  • 睡眠
  • 体重管理
  • 便秘改善
  • ストレスフリー

<睡眠>

睡眠不足は間違いなく肌荒れの元です。有名な『お肌のゴールデンタイム』をご存知ですか?お肌がその日受けたダメージの補修や栄養分の補給などを補う時間のことを『お肌のゴールデンタイム』というんです。このお肌の復活・再生時間は22時~深夜2時までといわれています。つまり、この22時から深夜2時までの時間しっかり睡眠をとれれば、お肌がかなり復活するんです。ぜひ22時までの就寝を心がけてくださいね。

睡眠が必要な症状・・・ニキビ・吹き出物、しみ、乾燥、妊娠線、かゆみ

<体重管理>

体重管理がなぜ必要か。それは主に妊娠線対策です。妊娠線は、さっきもご説明したとおり、肌が急激にひっぱられたことによる亀裂、断裂痕なんです。

つまり、急激に体重を増やさないように努力して、ゆるやかにお腹の大きさが成長するようにしなければ妊娠線ができてしまうということなんです。

体重管理は妊娠中の永遠のテーマといっても過言ではないので、しっかり維持・管理していきましょうね。

体重管理が必要な症状・・・妊娠線

<便秘改善>

便秘による肌荒れはかなりの頻度ででます。便秘は妊娠中なりやすい症状の1つで、便秘をすると体内に腸に老廃物がたまった状態になるわけですから体調が崩れてもおかしくないですよね。ひどい便秘になると食欲もなくなってしまうこともありますから栄養不足で肌にトラブルがおきてしまうことにつながってしまうのです。

便秘を改善するには、『水分補給』『適度な運動』『食物繊維をとる』などの対策が必要です。しっかり対策して、体内の循環を活発にしましょうね。

便秘改善が必要な症状・・・ニキビ・吹き出物、かゆみ

<ストレスフリー>

ストレスはお肌の天敵です!ストレスを抱え込むのだけは避けましょう。妊娠するだけで、体に様々な負担がかかり、行動範囲も狭まってくることからストレスがたまりがちになります。気分転換に散歩をする、この機会に趣味に没頭するなど自分にあったストレス解消法をみつけてみましょう。

ストレスフリーが必要な症状・・・ニキビ・吹き出物、乾燥、かゆみ

食事の見直し

妊娠を機に食事の方法、食事の内容を見直しましょう。1日3食バランスよく食事を食べる事はとても大切なことです。また、お肌によいとされるビタミンCを多く含む柑橘類や、鉄分を多く含むひじき、他にもタマゴ、納豆、魚、緑黄色野菜などを中心にさまざまな栄養素を取り込むとよいですね。

食事の見直しが必要な症状・・・ニキビ・吹き出物、しみ、乾燥、妊娠線、かゆみ

肌トラブルは産前産後のお手入れ必須

肌のトラブルは妊娠中に限りません。妊娠中に下がった抵抗力は、産後もしばらく続きます。産後は、赤ちゃんのお世話などでお母さんの体を酷使することが多くなるので、妊娠中からしっかり体調を整えておかなければならないでしょう。肌のスキンケアもそれと同じで、妊娠中だけに限らず産後もしっかりケアをしていく必要があるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る