妊娠糖尿病ってなに?今すぐできる症状セルフチェック

妊娠糖尿病ってご存知ですか?妊娠中にかかる糖尿病って感じかな?くらいには思えますよね。そもそも、一般によく聞く糖尿病がすごく大変な闘病生活に重い症状があるように思えます。妊娠中に糖尿病にかかるとどうなるのでしょうか。実は、妊娠糖尿病と一般に知られている糖尿病とは少しだけ違いがあるんです。だからといって安心してはいけませんよ。妊娠糖尿病も決して甘く見てはいけませんし、かかってしまったときのリスクを考えると、絶対にかからないようにしたほうがよいものです。

この妊娠糖尿病、こわいところがすべての妊婦さんにかかる可能性があるということです。ここのところ体調が悪いなと感じていたり、妊娠糖尿病を疑っている妊婦さんはもちろん、自身には縁がないと思っている妊婦さんにもわかりやすくまとめていきます。

今回は、妊娠糖尿病の症状、妊娠糖尿病にかかっていないかのチェック方法や、自覚症状などを合わせてお話いたします。

妊娠糖尿病ってどんな症状?

妊娠糖尿病は、妊娠中に始めて発症する糖尿病のことです。ほとんどが軽度の糖尿病で、重度の糖尿病を発症した場合には妊娠糖尿病とは別に区別されます。

全体の妊婦さんの中で12%の発症率があり、10人に1~2人程度の方が妊娠糖尿病と診断されています。

普通の糖尿病と違う点は、出産すると元通りになる傾向があります。しかし、妊娠糖尿病を発症したら、その後治っても糖尿病の発症リスク自体が高くなるので、妊娠糖尿病にかからないようにすることが望ましいでしょう。

初期の自覚症状

結論から言うと、妊娠糖尿病の初期症状はほとんどありません。

しいて言えば、のどがかわいたり、その為に水分を多く補給することでトイレの回数が増えるといったことでしょう。

しかし、この程度の症状だと、見落とされても不思議ではありませんよね。妊娠糖尿病早期発見のためのチェック方法をこのあとにまとめてありますからみてください。

妊娠糖尿病が出産に与える影響

妊娠中に軽度の糖尿病を発症するという妊娠糖尿病が出産にどのような影響を与えるのか気になっている方も多いことでしょう。

主にあげられているお腹の赤ちゃんへの影響・出産への影響は次の通りです。

  • 流産・早産の危険性が高まる
  • お腹の赤ちゃんの発育に支障がでる
  • 難産になる可能性がでる
  • 出産後赤ちゃんに悪影響がでる

<流産・早産の危険性が高まる>

糖尿病とは、血液中の糖分が多くなって起こる高血圧のことですが、妊娠糖尿病にかかると、妊娠高血圧症候群になります。

その妊娠高血圧症候群の影響で流産や早産を引き起こしてしまう可能性があるのです。

<お腹の赤ちゃんの発育に支障がでる>

妊娠高血圧症候群の影響で、お腹の赤ちゃんの発育が停滞してしまう、または発育がとまってしまうことがあります。そうなると、胎児発育不全・胎児機能不全が引き起こされてしまうことにつながります。

発育不全を起こしてしまうと、先天性の奇形などが起こることももちろん否定できません。

<難産になる可能性がある>

仮に、お腹の赤ちゃんの成長が無事すすんでも、安心できません。今度は、発育しすぎて大きな赤ちゃんになってしまうことがあるのです。大きな赤ちゃんを出産するのは容易ではありませんよね。このため、出産時に難産になってしまうということなんです。

<出産後赤ちゃんに悪影響がでる>

無事生まれたからOKということにならないのが、妊娠糖尿病のこわいところ。次は出産直後に、赤ちゃんが低血糖をひきおこしてしまうこともあるんです。

新生児の低血糖はひどい場合、脳に障害をのこしてしまうことがあります。

このように妊娠糖尿病は、妊娠中から産後まで、自身はもちろんお腹の赤ちゃんにもさまざまなリスクを背負うことになります。スムーズな出産と育児に向けてなんとしても発症しないように努力しなくてはいけませんよね。

では、妊娠糖尿病にかからないため、早期発見するための妊娠糖尿病にかかっていないかチェック方法をみてみましょう。

妊娠糖尿病のチェック方法

先ほどの項目でもお話したとおり、大きな症状がでないのが妊娠糖尿病の特徴なんです。

自分で気付く小さなサインとして次の点を上げてみました。気になった場合には、産婦人科で検査をしてもらうとよいでしょう。

  1. のどがかわく
  2. トイレの回数が増えた
  3. 疲労感がおさまらない

このように、妊娠したときの体の変化と重なるような微妙な症状ですよね。

やはり、不安に思ったら検査をしてもらうほうがよさそうです。

妊娠糖尿病の検査は主に血液検査となります。

空腹時の血糖値が1番わかりやすいので、できれば空腹状態で検査をしたほうがよいでしょう。もし、空腹状態じゃないときは、食事の時間を伝え、目安として診断してもらいましょう。病院では食後何時間かを伝えれば血糖値が正常かどうかのおおよその目安がわかりますから大丈夫です。

では、妊娠糖尿病にかからないために、または妊娠糖尿病になっていないか?を考えるために、妊娠糖尿病にかかりやすい人はどんな人なのかを見てみましょう。

妊娠糖尿病にかかりやすい人って?

妊娠糖尿病にかかりやすいから注意をしなければならない人は次の通りです。

  1. 家族や親族に糖尿病患者がいる。
  2. 妊娠前から肥満体質な人。
  3. 妊娠中に急激な体重増加をした人。
  4. 35歳以上の妊婦さん。
  5. 今の妊娠でお腹の赤ちゃんが大きい人
  6. 4000gを超えた赤ちゃんを出産したことがある人
  7. 尿検査で尿糖の数値が陽性になった人、なったことのある人

さらっとあげてもこれだけの注意項目があるのですね。10人に1~2人の発症率が納得できます。

ここからみてみると、主に『家族間の遺伝性によるもの』『年齢や前回の出産などの環境性によるもの』『自身の肥満』による3つの要因があるということですね。

自分自身で気をつけられることは、『自身の肥満』から体重管理がメインとしてあげられますね。

体重管理の基本は『規則的な生活』『バランスの良い食事』『適度な運動』の3つです。

遺伝や出産年齢などの環境は変えられるものではありませんので、こういった環境の方は特に体重管理をしておきましょう。

担当医師との連携が大切

妊娠糖尿病は、上記でもお話したとおり、自覚症状がほぼないような病気で、遺伝や出産年齢に影響をされる病気です。

妊娠糖尿病にかからない、早期発見をするためには、担当医師との連携が必要不可欠です。

妊娠時からの定期的な検診を必ず受け、担当医師とのコミュニケーションを大切にし、不安なことや気になることを話し合える間柄にしておきましょう。。

妊娠糖尿病にならないためには

10人に1~2人がかかるといわれている妊娠糖尿病、かからないためにはどうしたらよいのでしょうか。

やはり、妊娠糖尿病をよく知ることからはじめるのがよいでしょう。

妊娠糖尿病は大きく分けて『遺伝性』『環境性』『肥満』の3つにわけられます。

遺伝性や環境性は仕方ないものにしても肥満は対策ができるはずです。

妊娠糖尿病にかかってしまうと、妊娠中だけではなく産後から生涯大きなリスクを背負うことになります。

お子さんとの大切な時間をたっぷり過ごすためにも、日々の体調管理はしっかりとしましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る