妊娠線はどうやったら消える?できちゃった妊娠線を消す方法

お腹や胸・腕や足などにできるといわれている妊娠線。保湿やマッサージ、専用クリームなどさまざまな対策をしたのに妊娠線ができてしまうことありますよね。妊娠線ができてしまってガックリしている方も多いのではないでしょうか?

妊娠線の対策は、妊娠線ができる前だけと思われがちですが、実は妊娠線ができてしまった後にできる対処法があるんです。

今回は、妊娠線ができてしまった後にできる妊娠線への対処法をお教えいたします。妊娠線ができてしまった方はぜひ実践してみてくださいね。

妊娠線とは何?

妊婦さんがよく話題にする「妊娠線」ですが、実際どのような症状なのか妊娠線のしくみや、状態を詳しく見てみましょう。

妊娠線のしくみ

妊娠線とは、皮膚が急にのびてしまったことに対応しきれなくなり、亀裂が入ってしまうことです。

皮膚は表面の表皮、表皮の下にある真皮、そして真皮の下に皮下組織がある、大まかに3層からなっています。

妊娠後期、5ヶ月を過ぎた頃から急にお腹が大きくなったり、お産にむけて体が変化したりすることで、表皮、真皮が左右にひっぱられ裂けてしまうことがあります。

この皮膚の断裂した線が妊娠線なのです。妊娠すると皮膚の再生能力も落ちてしまうため、なおのこと妊娠線ができやすい体になってしまっています。そのため、妊娠してからどんなにケアをしていても妊娠線ができてしまうことがあるのです。

妊娠線の状態は2種類

妊娠線の種類は症状で分けて主に次の2種類あります。

  • 新妊娠線
  • 旧妊娠線

新妊娠線

簡単に言うと、できたての妊娠線のことを指します。赤み、または青みの強い妊娠線が特徴です。

症状が軽く表皮だけの亀裂の場合、ケア次第で表面にでずすむこともあります。

旧妊娠線

新妊娠線がでてから時間のたった状態の妊娠線を指します。赤みや青みがひき、白っぽく光沢がある状態、または凹凸ができている妊娠線が特徴です。

遠くから見るとそんなに目立ちませんが、しわになったような凹凸ができて新妊娠線の痕がのこっている状態です。

できてしまった妊娠線

できてしまった妊娠線は一体どんな対処法があるのでしょうか。そして、妊娠線の跡を消すことは可能なのでしょうか。

完全に消すことはできない

結論から言えば、妊娠線の跡を完全に消すことはできません。表皮の傷は癒えても、真皮の傷が残ってしまうからです。

しかしながら、妊娠線の痕を最大限に目立たなくするための方法はいくつかあるので、次の項でご紹介したいと思います。

目立たなくする6つの方法

できる限り妊娠線を目立たなくするために6つの方法をご紹介いたします。

  1. 保湿する
  2. 新陳代謝をよくする
  3. 専用クリームを使う
  4. プラセンタ(サプリ)を摂る
  5. レーザー治療を受ける
  6. ダーマーローラーを受ける

保湿する

この方法は妊娠線ができてから早ければ早いほど効果がでます。

保湿力の高いクリームや浸透力・保湿力の高いオイルを使って肌を保湿します。クリーム・オイルのどちらか片方でも効果がでますが、クリーム・オイルをあわせて使うことが最も効果が高いでしょう。クリーム・オイルを合わせて使うときには、オイルで肌の浸透力を上げ、クリームで保湿をより高めるといった使い方がおススメです。

保湿力を上げることで、妊娠線の回復能力が上がり、さらに妊娠線がひどくなるのを防ぎます。

新陳代謝をよくする

皮膚の修復や再生能力を上げるためには新陳代謝をよくすることが効果的です。新陳代謝がよくなれば、自然治癒力も上がるわけですから、新妊娠線ができてしまった方にはかならず実践してもらいたいです。

新陳代謝をよくする方法は主に次の通りです。

  • 食生活の改善
  • 運動不足の解消
  • 体を温める
  • ストレス解消

<食生活の改善>

バランスのよい食事でさまざまな栄養素をとりこみましょう。

<運動不足の解消>

有酸素運動がもっとも効果的といわれています。妊娠中・産後でも無理なくできるのは散歩ですね。調子のよい日は、体を動かすことを心がけましょう。

<体を温める>

前項で記した、運動も体を温める効果の1つですが、他に温かい飲み物を飲む・入浴する・体を冷やさない服装を心がけるなど、体を温める工夫をするとよいでしょう。

<ストレス解消>

実は、ストレスは新陳代謝をよくする上で、かなり影響を与える存在なのです。日々のストレスを上手に解消できる趣味などをみつけるとよいですね。

このように、生活を見直すだけで新陳代謝をあげることができます。是非実践してみてください。

専用クリームを使う

妊娠線専用クリームは妊娠線ができないようにするためのものだから、妊娠線ができてしまってからでは効果がないのでは?と思っている方も多いかもしれません。でも実は、妊娠線ができてしまってからでも使えるんです!妊娠線専用クリームは簡単に言うと、『高保湿クリーム』なんです。なので、妊娠線ができてしまったら時間をあけずに使用することが大切です。

つまり、新妊娠線の方には効果が高いものということになります。妊娠線ができてしまったばかりのときには、高保湿である専用クリームをこまめに塗りこんで対応するとよいでしょう。

妊娠線を増やさない効果はもちろん、できてしまった妊娠線を目立たなくする効果もあります。あきらめないで頑張りましょう。

プラセンタ(サプリ)を摂る

プラセンタとは、栄養補給のサプリで摂ることができます。プラセンタには、傷の補修・再生能力があり、妊娠線の補修再生に役立ちます。妊娠中・授乳中の期間なので、医師に確認した上で服用するとよいでしょう。

 

いままでご紹介したのは、主に新妊娠線の方におススメの方法でしたが、ここからは旧妊娠線の方にも効果がでる対処法をご紹介いたします。

レーザー治療を受ける

真皮まで断裂してしまった深い妊娠線の方におすすめです。

レーザー治療では、伸びた皮膚の収縮・コラーゲンを生成させる・皮下脂肪の分解の効果があり、妊娠線を目立たなくさせます。

レーザー治療の種類は実に様々で、妊娠線の深さや形状、そのほかに皮膚の状態や特徴にあわせた治療をすることができます。

ダーマーローラーを受ける

ダーマーローラーは、微細な針がついたローラーを患部に転がすことで、表皮・真皮に穴をあけそこから成長因子が入り込み傷の修復能力を高めます。成長因子に反応してコラーゲンの生成も増え、血管の状態も向上することで循環能力があがるので、妊娠線の修復ができやすい環境にもなります。

この方法も、真皮まで行き届いてしまった亀裂や、旧妊娠線に効果が高いのでおススメです。

妊娠線は親の成長記録の1つ

様々な妊娠線への対処法があって、驚いた方もいらっしゃるのではないでしょうか。妊娠線には、体の調子を整え、保湿をするだけで大きく修復されることも多いものです。

妊娠線ができてガックリせず、できることから対処してみるとよいですね。

また、妊娠線はお腹に赤ちゃんが宿って成長していく過程で起こるいわば成長記録の1つです。

女性の体に起こるだけあって隠したいと思う気持ちもわかりますが、妊娠線はお子さんがお腹にいた軌跡でもあるのです。

完全に消すことのできない妊娠線ではありますが、妊娠線をみてお子さんがお腹にいたときを思い出してみるのもよいのではないでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る