チャイルドシートは何歳まで?法律で決められた年齢とは

2000年4月1日より道路交通法で定められた幼児が車に乗るときに使用しなければならないチャイルドシート。このチャイルドシートの使用義務年齢は6歳とされていることをご存知ですか?使用を義務付けられているのは知っているものの、詳しいことは意外とわからないことも多いですよね。チャイルドシートの使用年齢と使用義務、例外とされる事例などを含め、法律や罰則も合わせてご説明します。

チャイルドシートの使用義務

自動車の運転者は、幼児用補助装置をしようしない6歳未満の用事を乗車させて自動車を運転してはならない。

(道交法 第71条の3第4項)

簡単に言うと「6歳未満の子供は幼児用補助装置を使用しないと車に乗車させてはいけません。」ということです。ここでいう幼児用補助装置とは、チャイルドシートのことを指しています。また6歳未満とは、6歳になる誕生日がきていない5歳児までを指しています。つまり、道路交通法(道交法)では、6歳の誕生日がきたら使用義務が外れるということになります。小学校に上がったらチャイルドシートの使用義務が外れると考えている人も多いのですが、実際は小学校に上がっても6歳の誕生日がきていなかったら、チャイルドシートの使用が義務付けられているのです。

チャイルドシートの使用義務免除

やむを得ない事情があった場合は使用義務が免除されることもあります。やむを得ない事情とは次の通りです。

  1. 疾病のため、チャイルドシートを使用させることが療養上、適当ではないとき。
  2. チャイルドシートを適切に固定できない構造の車のとき。
  3. 乗車人数より座席の数が少なくチャイルドシート固定できないとき。
  4. 負傷・または障害などでチャイルドシートを固定できないとき。
  5. 著しく肥満していてチャイルドシートを使用できない。
  6. 運転者以外の人が、授乳その他の日常生活の世話をするとき。
  7. 一般旅客自動車運送事業、認可を受けて人の運送の用に併せられる自動車のとき。
  8. 応急救護での救急搬送のとき。

疾病のため、チャイルドシートを使用させることが療養上、適当ではないとき

これは簡単に言うと、高い熱がでた、嘔吐を繰り返している、腹痛を訴えているなどの症状でチャイルドシートが使用できないときを指します。

チャイルドシートを適切に固定できない構造の車のとき

座席ベルトが装備されていない車やチャイルドシートを正しく固定できない特殊な座席ベルト(4点式・5点式のベルトなど)の場合を指します。または、幼児用シートが設置された幼稚園バスもチャイルドシートの使用が免除されます。

乗車人数より座席の数が少なくチャイルドシート固定できないとき

法律で定められている乗車人数の計算方法として、12歳未満の子供は2人で1.5人とされています。なので、4人乗りの車に対して大人2人子供が3人乗車したとき、乗車人数は問題ないものの座席数が足りないことになります。そういった場合にはチャイルドシートの使用が免除されることがあります。ただし、乗車人数よりシートが少ないからといって、必ず全員分が免除になるわけではありません。チャイルドシートをつけれる分だけつけた上で使用できない子は免除するといったものなので、注意が必要です。

負傷・または障害などでチャイルドシートを使用できないとき

股関節脱臼、アトピーがひどいなどでチャイルドシートの着用が困難な場合などを指します。

著しく肥満していてチャイルドシートを使用できない

体が大きくチャイルドシートが合わない場合などを指します。この場合は通常のシートベルトを着用します。

運転者以外の人が、授乳その他の日常生活の世話をするとき

赤ちゃんのオムツがえや、授乳などの場合のみに使用が免除されます。お世話が終わったらチャイルドシートを使用しなければなりません。

一般旅客自動車運送事業、認可を受けて人の運送の用に併せられる自動車のとき

事業用バス、タクシーがお客さんの子供(幼児)を乗車させる場合を指します。または、自治体が運行する過疎バスの乗車もチャイルドシートの使用が免除されます。ここで注意したいのが、旅館への送迎者や旅先でのレンタカーなどはチャイルドシートの使用義務が免除されないということです。チャイルドシートの数には制限があるようなので早めに予約するとよいでしょう。

応急救護での救急搬送のとき

緊急な場合には、免除になります。

シートベルトの規格と6才未満の意味

チャイルドシートの使用義務に6歳未満としていることの意味はどういったものなのでしょうか。

シートベルトの規格は135cm~140cm以上

シートベルトを正しく着用するための身長は135cm~145cm以上とされています。おおよそ6歳頃の身長です。なので、6才になったからといって、135cm以下の身長の場合はシートベルトが正しく使えないのでチャイルドシートを使ったほうが安全ということになります。その理由で、警察の方からも指導される場合があるので、6歳になったからといって必ずしもチャイルドシートを外すべきではないですね。お子さんの安全面を最優先した上でチャイルドシートの使用、シートベルトの使用を考えなければなりません。

チャイルドシートの罰則

チャイルドシートの使用免除がなく使用していなかった場合の罰則は免許点数1点が減点されます。罰則金はありませんがゴールド免許が外れてしまったり、減点が重なると行政処分が下されるのでチャイルドシートはしっかり使用しましょう。

チャイルドシートの種類

チャイルドシートには主に3種類があります。お子さんの成長に合ったものを使用しましょう。

チャイルドシートの主な種類

  1. 乳児用
  2. 幼児用
  3. 学童用

乳児用

首の据わってない乳児用です。10kg程度、1才頃まで使えるようになっています。

横向き・後ろ向きで取り付けます。

幼児用

首が据わった乳児用です。9~18kg程度、100cm以下まで使えるようになっています。

前向きで取り付けます。

学童用

15~36kg程度、135cm以下まで使えるようになっています。

座高をあげ、シートベルトを正しく装着できるようにします。

このように3種類のチャイルドシートがありますので、成長に合わせた使用が大切です。また、チャイルドシートは基本的に後部座席への取り付けをおすすめします。助手席にはエアバックが装備されているので、万が一のときにエアバックの衝撃で怪我をしないために後部座席へ取り付けるほうがよいでしょう。

医師の診断で着用できないときには証明できるものを用意しよう

チャイルドシートの着用が難しいと医師に診断された場合には、証明できるものを用意しておきましょう。診断内容を音声で残すことや、医師に直接相談するのもよいでしょう。警察に口頭で話してもなかなかスムーズに伝わらないことがありますので、証明できるものを携帯するだけで伝わりやすいと思います。

チャイルドシートの意味

最後に、チャイルドシートの必要性について考えてみましょう。チャイルドシートの目的は、「衝突時の安全確保」だけではなく「安全運転のため」でもあるのです。お子さんが車内で動き回っていたら運転に集中できませんよね。よそ見をして事故を起こさないためにもチャイルドシートは必要なのです。チャイルドシートを嫌がるお子さんをかわいそうに思う人も多いかもしれませんが、そこでチャイルドシートを着用させることがお子さんのためであることを忘れないでくださいね。チャイルドシートの使用義務が終わったら、今度はシートベルトの使用が義務付けられています。シートベルトにバトンタッチをする日まで、しっかりチャイルドシートでお子さんを守りましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る