妊娠中のダイエットに成功するための5つのコツ

妊娠中、増え続けていく体重にヒヤヒヤしている方も多いのでは?心配は心配だけれど、妊娠中ってダイエットはしていいのでしょうか。実は妊娠中のダイエットは時に必要となる場合があるのです。ただ、妊娠中のダイエットは普通のダイエットと同じになりません。妊娠中のダイエットについて、その方法と成功するための秘訣5つをご紹介します。

妊娠中のダイエットとは?

妊娠中に必要とされるダイエットとは、一体どんなものなのでしょうか。妊娠中における急激な体重増加は、妊娠中毒症になるリスクが高まるだけではありません。妊娠中の様々な体調不良に加えて、出産が長引いてしまったり、産後の回復が遅れてしまうなど母体に大きな影響が出る恐れがあります。そうならないために、しっかりと体重管理をしなければなりません。妊娠中のダイエットについて、考え方や方法、また、注意点などを見てみましょう。

妊娠中におけるダイエットの考え方

妊娠中のダイエットは普通のダイエットと違います。考え方としては、「やせる」というより「健康的な体重増加をする」ということになります。妊娠してから出産するときまでの体重管理について一番大切なことは「急激な体重増加をしない」ということです。目安としては1週間で500g以下の体重増加を目指しましょう。また、妊娠から出産までの理想的な体重増加は7kg~9kg程度と考えましょう。つまり妊娠中のダイエットは、体重増加にあわせて行うものではなく、過度な体重増加をしないために行う体重管理ということになります。

妊娠中のダイエットの方法

妊娠中に行うダイエットの基本は「バランスのよい食事」と「適度な運動」です。普通のダイエットのように食事制限をしてしまうと、空腹による貧血が起こったり、お腹の赤ちゃんに栄養がわたらなかったりと大変危険です。様々な栄養分を取り込むバランスのとれた食事生活を心がけましょうね。また、妊娠中ですので、激しいスポーツは禁物ですよ!妊娠中の運動としておすすめなのは、ウォーキングやスイミングです。また、ヨガやストレッチなどをするのもよいでしょう。次の注意点をしっかり守って妊娠ダイエットをしましょう。

妊娠中の運動をするときの注意点

  • 安定期から
  • はりなどがない体調のよいとき
  • ゆっくり
  • 妊娠トラブルがあるときは医師に相談

妊娠中ですので、体に無理をかけないことが第一条件になりますね。安定期はもちろんのこと、睡眠不足や疲れがあるときには運動することを控えましょう。また、元気だからと言っても妊娠しているわけですから、ゆっくり・ゆったり運動しましょう。運動の途中で体調が悪くなった時はすぐに休みましょう。スイミングやウォーキングをするときは、何か起こったときのために一人で行動しないようにするとよいでしょう。重いつわり症状や切迫早産など、妊娠トラブルがあるときには、運動前に必ず医師に相談しましょうね。

妊娠中のダイエットを成功させる5つのコツ

毎日続けるためには日課にするとよいですね。成功するコツを5つにまとまとめてみました。

  1. 毎日体重をはかる
  2. 家事は続ける
  3. 食事内容を書き出す
  4. 食事の見直し
  5. 生活リズムを整える

毎日体重をはかる

毎日同じ時間に体重をはかりましょう。自分の体重を知る・意識するというのはダイエットの基本です。1週間に500g以下の体重増加を目標にするためには、体重をはかりつづけることが大切です。朝起きたらすぐはかると、日課にしやすいですね。忘れない場所に体重計を移動させておくこともおすすめです。カレンダーなどに体重をかきこめば、もっとわかりやすいかもしれません。

家事は続ける

掃除・洗濯・買い物など、家事の運動量は大きいものって知っていますか?わざわざ運動する時間を作りたくないと考える人、続けるのが苦手な人。そんな方には、まず毎日の家事をしっかりやることで体を動かしましょう。家事に終わりはなかなかないものです。調子のよい日はいつも掃除しないところを掃除してみると、家もきれいになって体も動かせると一石二鳥ですよね。

食事内容を書き出す

いつもどんなものを食べているのか書き出すこともよいでしょう。おやつやジュースなど思ったより食べていて意外と驚く結果になるかもしれませんよ。体重をはかるのも同じですが、毎日どんなものを食べているのかを知ることがダイエットの第一歩です。何を食べているのかを知り、意識すると変わってくるものですよ。

食事の見直し

食事内容を知ると、今度は食事を見直すことができます。食べている時間や食材を調整するだけでカロリーを抑えたりできます。また、食事はカロリーを抑えるだけではなく、あまりとっていない栄養分、栄養分まで行かずとも食材など栄養の偏りをみつけることもできます。バランスのよい食事をとるために見直してみるのもよいですね。

生活リズムを整える

妊娠中のダイエットにつながるのが生活リズムです。遅く起きて、朝食がとれない方はいませんか?へんな時間に朝食を食べたので昼食がずれこみ、お菓子を食べてしのいだりしている人はいませんか?まずは、早寝・早起き・朝ごはんです。いつも同じ時間に起きて、しっかり朝食をとりましょう。そうすることで、食事の時間が整い間食をすることが少なくなります。また、夜更かしは疲れがとれず、次の日の行動にも影響を与えることもあります。それだけではなく、夜更かしをすればお腹がすき間食してしまうなんてことにもつながります。生活リズムを整え、体調を万全に、規則正しい食事生活をしましょう。

少しの工夫で妊娠中のダイエットを手助け

ダイエットは無理をすると続きません。ちょっとした工夫で乗り切ることも大切です。

飲み物は常温で

冷たい飲み物は体を冷やし、代謝を悪くします。代謝が悪くなれば太りやすい体になってしまいます。余計に体を冷やさないよう、常温の

飲み物を飲むのもよいでしょう。

スナック菓子より果物・ジュースよりお茶

油分・糖分・塩分のとりすぎに注意しましょう。間食するなら、菓子より果物がよいですね。飲み物もお茶にするだけでかなりヘルシーになります。夏場の妊婦さんに注意なのがスポーツ飲料の飲みすぎです。スポーツ飲料も飲みすぎると体重増加に影響を与えます。夏場はミネラル入りの麦茶などがおすすめです。

夏でも羽織れるものを持ち歩こう

夏場のエアコンは体を冷やします。冷えは太りやすい体を作るので、外出先のエアコン対策として羽織れる物を持ち歩きましょう。

夕食の時間と寝る時間の調整

寝る2時間前には夕食を済ませましょう。夕食をとったあと時間をあけずに寝てしまうことも体重増加の原因になります。早めに夕食をすませ、ゆったりとした時間をもってから就寝するとよいでしょう。

妊娠中のダイエットと聞くと不安が沢山ありますよね。でもこのように無理のない体重管理こそが妊娠中に必要とされるダイエットなのです。妊娠しているときのダイエットは体に無理をかけないことが前提になっていますので、産後はもちろんお子さんの体重管理にも使える情報ではないでしょうか。自分の体を知り、生活を知り、そして見直す。これができれば妊娠中のダイエットは成功します。理想の体重増加をたどり、ベストな状態で出産に望んでくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る